ゲーム実況者になりたい人必見記事 ▷レトルト使用機材紹介

【大人気】ゲーム実況者キヨとはどんな人?

今人気急上昇中のゲーム実況者”キヨ”という男を皆さんはご存知でしょうか?

いまやニコニコ動画やYouTubeでトップクラスのゲーム実況者で、美声のイケメンということから若い女性からも人気が集まっています。

今回はキヨのプロフィールをまとめてみました。

contents

キヨのプロフィール

キヨ猫キヨネコ
引用:キヨTwitter

実況者名

キヨ

本名

清川(下の名前は不明)

所属グループ名

最終兵器俺達

(メンバー:キヨ、こーすけ、フジ、ヒラ)

活動期間

2009年~

出身地

北海道

生年月日・年齢

23月生まれ 30歳前後

身長・体重

182cm65kg

YouTubeチャンネル登録者数

286万人(2020129日時点)

公式チャンネル(ニコニコ動画)

https://ch.nicovideo.jp/kiyo-saiore

公式チャンネル(YouTube

https://www.youtube.com/user/KIYOisGOD

Twitter

https://twitter.com/kiyo_saiore

キヨの詳細プロフィールは噂からくる憶測であるものが多く、はっきりしていません。

本名の”清川”というのは過去の実況で本人がおもわず口を滑らせたそうなのですが…

これも本当のところは分かりません。

最終兵器俺達・TOP4(トップフォー)とは

キヨはソロ実況以外にも”最終兵器俺達””TOP4”として実況をすることも多くあります。

最終兵器俺達-最俺-

最終兵器俺達というのは、キヨ、コースケ、フジ、ヒラの4人の実況グループです。

彼らは高校時代からの同級生でもあり、実写動画でも仲がいいのがよくわかります。

一時、不仲説もあったようですが、全然そんな風には見えませんね。

最終兵器俺達の名前の由来としては、こーすけが”最終兵器彼女”(高橋しん・作のSF漫画)が好きであることから”最終兵器俺達”に変化。

その後略称として”最俺”の名が決定したようです。

キヨ単独では”青鬼”実況で徐々に人気を集め、フジ、ヒラが助っ人として活動し始め4人での活動となり、ニコニコ動画での下積み時代を経て、現在はYouTubeでの実況活動がほとんど。

そんな最終兵器俺達は2019年10月25日、記念すべき活動10周年を迎えています。

日本TOP4-トップフォー-

(日本)TOP4というのは、ガッチマン、牛沢、レトルト、キヨの人気実況者4人からなる実況コラボグループのことです。

ニコニコ動画、ニコニコ生放送やイベントでも多く共演していて、現在YouTubeでも4人のコラボ実況は人気を集めています。

ファンの間では、”とぷふぉ”と呼ばれたりしています。

キヨは素顔を公開し、一躍人気者に

マスクやサングラスで素顔を隠す実況者が多い中、キヨは素顔を公開しています。

というより、つわはすという実況者が過去にしくじってしまったようで、素顔の写真が流出してしまったようです。

世界一楽観的な男はTwitter内の動画にて、「顔バレしちゃったー!」と笑いに変え、神対応をしたと話題になっています。

その後はずっと素顔で活動を続けています。

素顔を公開し、がっかりされるゲーム実況者が多い中、キヨはイケメンであったこともあり、より多くの女性から人気を集めるきっかけになりました。

そんなキヨは活動当初はマスクをし、金髪に眼鏡でした。

この頃を”初期ヨ”と呼ぶそうです。

https://twitter.com/kiiiii_0515/status/1082202557269692422

最近は襟足の赤髪がトレードマークになっています。

https://twitter.com/salus_saiore/statuses/1244913276191834119

キヨは私服もおしゃれ!実況者としては異例、ananにも掲載される

ジャージ好きと言われているキヨですが、私服はストリート系で、実写動画やインスタグラムでのファッションセンスも高く評価されています。

イケメンはジャージでさえもかっこよく着こなしてしまうのですね。

最近では2019年8月28日に発売された有名雑誌【anan】で特集され、Twitterで「キヨ anan」などトレンド入り、さらには雑誌売れ行き好調によりanan史上5度目となる重版が決定したと動画で発表。

写真はどれもゲーム実況者の顔ではなく、ただのイケメン。

イケメンでしかない(笑)

雑誌をきっかけにキヨを知る人も増えたのではないでしょうか。

▼購入先
anan(アンアン) 2019/09/04号 No.2165 [相性の化学反応/中島健人&菊池風磨]

アーティストとしての一面も見せるキヨ

レトルトとともに「全く身にならない日々」通称、全身デイズという歌を発表し、アーティストとしても活躍。

作詞作曲を手掛けたのは、キヨの友人であり、超人気アーティストでもある”まふまふ”。

子供心を忘れず今を全力で楽しんでいる、大人になっても青春を楽しんでいる、そんな彼らを表しているような一曲。

元気が出ないときはぜひ聞いてみてほしい曲です。

よかったらシェアしてね!
contents
閉じる