\キヨ・レトルト【全身キセキ】MV公開/ ▶詳細記事はコチラ

牛沢の実況でお馴染み!【龍が如く】シリーズの時系列とあらすじ解説!

牛沢龍が如く

大人気の「龍が如く」シリーズなのですが、タイトルが多すぎて実際に遊ぶにはどこから手を付ければいいのかわからなくなっているという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、そんな方のために龍が如くシリーズを時系列順にそれぞれのストーリーとあわせてご紹介していきたいと思います。

contents

【龍が如く0 誓いの場所】

龍が如く1(極)より前のストーリー。

時代はまさにバブル期。

空前の好景気に湧く歓楽街、東京・神室町では大規模再開発計画の利権を手にするため、数多の組織が動き出していました。

土地を巡る争奪戦は、やがて東西の巨大極道組織をも巻き込む一大抗争へと発展。

欲望の渦に翻弄されながらも生き抜く二人の若き人気主人公、桐生一馬と真島吾朗が描かれています。

桐生一馬が巨大組織のトップに上り詰めるまでの話にも注目ですが、真島吾郎という男からも目が離せない。

真島が”狂犬”と呼ばれるまでの過去は、今とは想像もつかない姿。

真島の切ない恋を描かれていたりと、貴重な描写が満載の作品である。

【龍が如く1・龍が如く 極】

かつて“堂島の龍”と呼ばれた桐生一馬は、親友と愛する女のために罪を被り10年後、再び街へ戻ってきます。

そこに登場する謎を秘めた少女”遥”とともに消えた100億円と跡目争いを巡って愛・欲望・人情・裏切りのドラマが展開していきます。

「極」は「1」のリメイクなので、大筋は同じですが、映像が綺麗になっているのはもちろんのこと、ストーリームービーが追加されていたり、メインストーリーに関わるサブストーリーが追加されていたりと、リメイクとはいえ遊びごたえのある一本となっています。

【龍が如く2・龍が如く 極2】

舞台となるのは、“消えた100億”をめぐる一大事件から一年が経過した世界です。

弱体化した東城会を救うために関西へと向かう桐生一馬でしたが、待ち受けていたのは“関西の龍”郷田龍司と“ヤクザ狩りの女”といわれる刑事・狭山薫でした。

彼らをつなぐ過去が、次々と明かされていく…。

「極2」も「2」のリメイクで大筋は同じなのですが、プレイスポットやサブストーリーが大幅にリニューアルされ、桐生一馬が服役していた“空白の十年”を中心に、新規エピソードも収録されています。

さらに、桐生一馬が由美の死から初めて心を許す女性”薫”との恋愛シーンにも注目される。

【龍が如く3】

舞台となるのは、“眠らぬ街”東京・神室町と“南国”沖縄。

東京を去った桐生と遥は、沖縄で小さな養護施設を営み、幸せな日々を過ごしていました。

そんな2人に土地買収の脅威が襲い掛かります。

地元組織へと立ち向かう桐生の闘いは、やがて東城会だけでなく、政治をも巻き込む国家規模の一大事件へとつながっていくのでした。

【龍が如く4】

とある夜、極道同士の小競り合いと発砲事件が起こります。

神室町にとってはよくある出来事なのですが、そこにひとりの女が現れます。

その女の想いに男たちは突き動かされ、“伝説の龍”桐生一馬の元へと集うのでした。

4人のキャラクターを操作するのはシリーズ初の試み。

それぞれのキャラの操作性に特徴があり、工夫して戦い抜く必要性が面白味を高めています。

【龍が如く5 夢、叶えし者】

2012年12月、桐生一馬は“伝説の極道”としての過去を捨てて、福岡の歓楽街の片隅で素性を隠しながらタクシードライバーとして働いていました。

それもすべては大切な人間の「夢」を叶えるため。

今回は”夢”をテーマに、5人のキャラを操作する。

遥パートでは音ゲー要素が入り、喧嘩離れした日常も楽しむことができる。

【龍が如く6 命の詩。】

東城会と近江連合の一大抗争から1年が経った後、失踪した少女・遥の行方を追い、桐生一馬は東京の神室町から広島の尾道仁涯町へと旅に出るのでした。

ただ、桐生が広島に足を踏み入れることは最大のタブーだったのです。

【龍が如く7 光と闇の行方】

2001年1月1日、関東最大の極道組織「東城会」の三次団体「荒川組」に所属する春日一番は、実の親のように慕う組長の荒川真澄から若頭の沢城丈が犯した罪を被るよう頼まれ、愛する組と尊敬する親父のために出頭を決意するのでした。

2019年、春日はついに出所するが、出迎えてくれる者は誰ひとりいませんでした。故郷である神室町へと戻るものの、そこは警察と関西最大の極道組織「近江連合」に完全支配されていたのです。

【龍が如くスピンオフ作品】

「龍が如く 見参!」

関ヶ原の戦い直後の京都の歓楽街である祇園が舞台となっており、主人公は宮本武蔵として過去に名を馳せていましたが「桐生一馬之介」と名を変えるのでした。

「龍が如く 維新!」

幕末が舞台で、主人公は桐生一馬の見た目をした坂本龍馬。

「斎藤一」という偽りの名で、危険な潜入を決意します。

他にも龍が如くキャラの顔をした歴史上人物が次々登場。

ナンバリング以外の作品の中では最も人気。

「龍が如く OF THE END」

東京の神室町が舞台ですが、本作ではゾンビと伝説の男たちが戦うことになります。

「JUDGE EYES:死神の遺言」

元弁護士の八神隆之が主人公で、とある殺人事件を追っていくことになります。

人気俳優、木村拓哉さんが主人公となる人気作品。

よかったらシェアしてね!
contents
閉じる